納豆とじゃこのレタス包み

納豆とじゃこのレタス包み


以前さまざまなメディアでダイエットに良いと騒がれた食材の納豆です。

「あるある」で持上げられて品不足の状態が続いた後で、番組がでっち上げ内容報道で新聞やテレビ、ラジオや雑誌などでも騒がれていたのはまだ記憶に新しいと思います。

でも、納豆のダイエットレシピの本が発売されたりもしたように納豆の栄養価の価値は変わるものではありません。

日本の伝統的な食材でもある納豆は栄養価も高く、しかもダイエットにも最適なんて、日本人は欲張りなものですね。

実際に、納豆は血栓を溶かし血液をサラサラにする効果があったり、肌荒れ防止、老化防止など美容にも良いんですね。

肝臓にも良い効果がありますからお酒を飲む方には絶対にお薦めです。

ダイエットをしながら体の中も外も綺麗になれるわけです。

ちなみに血栓ができやすい時間は深夜2時から3時だそうなので、夜食べると血液サラサラにはより効果的なんだそうです。

このダイエットレシピはおよそ68カロリーととても低カロリーで、しかも作り方も混ぜて切って包むだけ!でとっても簡単にできちゃいます。

お父さんのお酒のおつまみには最適ですし、
ちょっとおかずの品数が足りないな・・・と感じたときにササッと作れちゃいます。

ポイントとして、納豆をよくまぜることです。

たくさん混ぜることで粘り成分の「ポリグルタミン酸」がちぎれ、「グルタミン酸」と言う旨味成分が出てくるので、混ぜれば混ぜるほどおいしくなります。

納豆のネバネバが真っ白くなるくらいと思っておくとよいかもしれませんね。

■材料

納豆  ・・・50g

しょうゆ  ・・・小さじ1

練りからし  ・・・少々

じゃこ   ・・・大さじ1

貝割れ  ・・・1/3パック
 
レタス ・・・2枚


■作り方

1、納豆をかき混ぜて、しょうゆ、練りからしを加え混ぜる。

2、貝割れの根を落とし、半分に切る。

3、(1)と、じゃこ、貝割れを和える。

4、レタスの葉まるごと1枚に(2)を包みいただく

以上超簡単料理でした。







×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。