脂質について勘違いしていませんか?

脂質について


『脂質』はダイエットに天敵!と思っている方は少なくないと思います。

”脂”なんて漢字が使われているから直ぐ「脂肪」と結びつくからでしょうか?

油は1g9kcalだそうです。

しかし油分をまったく摂らないのはからだにとっては決して良いとはいえません。

実際に、東京都老人総合研究所の研究結果では、油の摂取量と死亡率との関係から見ても、1週間に4回以上油料理を食べて油分を摂取している人と、そうではない人とでは油料理を多く食べている人たちの方が長生きしているそうです。

ですから、ダイエットのために油をまったく摂らないようにしている人はそのダイエットレシピをもう一度見直してみましょう。

脂質には脂溶性ビタミンの吸収を助ける働きがあります。

特に、コレステロールは体の細胞膜やホルモンの材料にもなっていますので、極端に摂ることが少ないとからだにとってかえって悪い影響が出てきてしまいます。

脂質が不足してきて最もコワイ症状としては、血管のしなやかさがだんだん失われてくるということがあげられます。

その結果どうなるかと言いますと、しなやかさの失われた血管は壊れやすくなってしまって、さらに切れやすくなってしまうのです。

恐ろしいですよね。

さらに他にも、発育障害が出てきたり、女性にとっては大事な皮膚にも悪い影響を及ぼします。

それに脂質の不足によって頭痛や疲労感、体力が衰えてきたり、炎症や出血、関節がむくんだり、妊娠ができなくなってしまったり、流産や腎臓疾患など、本当に多くの悪い影響がからだに出てきてしまいます。

これでは本当にからだの中も外もボロボロになってしまいますね。

特に、女性たちの間に流行っている油抜きダイエットは、抜け毛をひきおこし、肌をボロボロにして、さらには生理不順の原因になることもあります。

脂質は不足すると美容の大敵にもなりうると言うことです。

せっかく綺麗になるために痩せようと努力しているのに、逆に髪が薄くなり、肌が荒れてしまってはなんのためのダイエットかわからなくなってしまいます。

若いときの無理なダイエットは歳を重ねるごとにからだがついていけなくなります。

若い方は多少無理なダイエットをしていてもたいして不調は感じないかもしれません。

それはまだ若く、新陳代謝なども活発だからであって、歳を取っていくと昔の無理なダイエットがたたりボロボロに・・・

なんていう結果になることはきっとあるはずです。

栄養価を無視した無理なダイエットは今すぐやめて、自分にあったダイエットレシピを取り入れ、健康的に痩せたいですね。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。